データベースエンジニアにもフリーの道

データベースエンジニアは、勤務先や依頼先でのニーズに応じてデータを効率的に検索したり、保存したりできるデータベースシステムを構築することが中心となる仕事です。商品情報や顧客情報など様々なデータが情報化されて取り扱われるようになった今日では、データベースのニーズは高く、それぞれの企業において特化したデータベースが必要になることもよくあります。

そのキャリアパスとしては、IT系企業においては基本的にはプロジェクトリーダーからプロジェクトマネージャーへ、あるいはコンサルタントへという王道を辿るのが一般的であり、それを目指して日々の仕事に励む人が多くを占めます。
あるいは、エンジニアとして将来も仕事をすることは断念して異分野に転職するという人も散見されます。
エンジニアとして培ってきた体力や根気と、ロジカルシンキングはビジネスの場においては有用であり、興味とやる気さえあればどのような職種にも対応できる能力を培える能力が育まれていることが多いのです。

一方、近年の傾向として各社が独自のデータベースを必要としたり、天文やゲノム、医療の世界でビックデータを取り扱うことが増えてきたことから、フリーエンジニアとしてもデータベースを扱える人のニーズが高まっています。
データベースの構築や、その実際の解析を担うフリーエンジニアが募集されており、そういったキャリアパスもデータベースエンジニアには開かれてきています。
このように、データベースエンジニアの需要が高いことからスキルを磨いて高額案件を獲得するエンジニアも少なくないようです。