データベースエンジニアからキャリアアップ

責任ある立場での仕事には、プレッシャーがあります。しかし上位のキャリアを目指すことで得られるメリットは大きいです。
収入を増やすことができ、職場での存在感も強くなります。重要な仕事に携わるチャンスが増え、やり遂げたときの充実感が増します。
データベースエンジニアとして仕事に関わるのであれば、その立場から目指すことができるキャリアパスを計画することが大事です。
キャリアを意識して知識や実績を積み重ねられるかどうかで、得られる結果に大きな違いが生じます。

データベースエンジニアからは、プロジェクトマネージャーを目指す方法が身近な目標としてあります。
プロジェクトマネージャーとしての素質を身につけなければ、実際にその立場に就いた時に仕事をうまくこなすことができません。
プロジェクトマネージャーとして必要な素質としては、スケジューリングの能力が強く求められます。

データベースエンジニアとして仕事に携わっていた頃は、与えられる仕事をこなしていくことがやるべき内容でした。
しかしプロジェクトマネージャーとして開発の管理を担うようになると、開発のための優先度を決定し、適切に物事を手配できなければなりません。
この能力を持つためには、データベースのエンジニアの時代から、プロジェクト全体の進捗状況を意識して開発に携わることが大切です。
プロジェクトマネージャーの仕事ぶりを観察し、そこから得られる知識は多いです。